グラフィックソフトを使ってロゴ作成をしよう

ロゴ54

イラストや文字を組み合わせて作成したロゴは、ホームページのトップやお店の看板などのいろいろなところで活躍してくれます。もしも、ロゴを必要としているなら、自分で作成することも考えてみましょう。こちらではグラフィックソフトを使ってロゴ作成するときに必要な情報を詳しく説明するので、興味がある方は参考にしてください。

高性能のグラフィックソフトをインストールしよう

どのようなグラフィックソフトを使ったとしてもロゴを作ることは可能です。そのため、ウィンドウズやマックに最初からインストールされているものでも作成することはできます。しかし、そのような低性能のものでは作れたとしてもかなり苦労するので、高性能なグラフィックソフトを利用することをおすすめします。

高性能なものなら作業がやりやすくなりますし、より凝ったロゴを作れるようになります。なお、ロゴ作成専門のグラフィックソフトも存在していて、ロゴを作るのに必要な機能だけが搭載されています。あまり性能が高くなくやれることは少ないですが、『簡易的でもよいのでロゴさえ作れればよい』という方は導入してみましょう。

有料と無料のどちらかを選ぶ

グラフィックソフトをパソコンに導入する場合は、『有料のもの』か『無料のもの』のどちらかを選ぶことになります。もしも、予算がたくさんある場合は、フォトショップやイラストレーターなどの超がつくほど有名なものを選べば満足できるでしょう。

ロゴを作るために必要な機能がしっかりと揃っているため不便なく作業が行えます。もちろん、もっと安いグラフィックソフトもいろいろと販売されているので安心しましょう。3000円から5000円程度で売られている製品もあるため、『予算が少ないけれど有料のものを選びたい』と考えるときは購入をおすすめします。

ちなみに、有料で売られているものは体験版が用意されている場合が多いので、実際にロゴ作成を行ってみてからお金を支払うかどうかを決めることも可能です。お金をかけずに手に入れたいなら、インターネット上でリサーチしてみましょう。

いろいろな種類のグラフィックソフトが無料で配布されているため、自身が望む機能があるかどうかをチェックしてから導入します。無料なのでとにかくたくさんのものを使ってみて、自分に合ったものを選ぶのもよいです。

レイヤー機能や画像補正機能などグラフィックソフトによって異なる特徴を持つので、気になるものは片っ端から使ってみましょう。ただし、グラフィックソフトをダウンロードできるサイトによっては、ウイルスの感染などのリスクがあります。

危険を遠ざけたいなら、できる限り有名なダウンロードサイトを使うようにしましょう。

⇒オンラインで手軽にロゴ作成!無料で利用できるおすすめのサービスを紹介

グラフィックソフトの使い方を学ぼう

グラフィックソフトによって操作方法は異なるため、ロゴ作成を行う前に使い方をしっかりと学ぶようにしましょう。使い方を知らないとやりたいことが行えずに、残念なロゴになってしまう確率が高まります。なお、有料のものならば使い方が詳しく載ったマニュアルが用意されているので、そちらを読めばロゴ作成に必要なことが一通り学べます。

メーカーの公式ホームページにも、便利な使い方が載っていることが多いためチェックしておきましょう。場合によっては動画コンテンツが用意されていて、より分かりやすい説明を受けることができます。無料のグラフィックソフトの場合は公式のサポートが充実しておらず、詳しい説明が載ったマニュアルが用意されていないケースもあります。

基本的には困りごとがあったときも公式サポートを受けられず、自身で解決しなければいけません。しかし、とても有名で多くの方が使っている無料のグラフィックソフトなら、有益な情報がインターネット上にたくさんあります。

そのため、詳しい使い方を知りたい場合は、個人のホームページなどをチェックして役に立つ説明がないか探してみましょう。

デザインの勉強を考えてみよう

グラフィックソフトの使い方が分かったとしても、ロゴをデザインする能力がなければ作ることはできません。もしも、デザインが初めてでやり方がまったく分からない場合は、勉強することを考えてみましょう。書店を訪れればデザイン関連の書籍が販売されているため、少ない費用で簡単に学ぶことができます。

ロゴに特化したデザイン関連の書籍も売られているので、ロゴだけ作れれば十分なときは購入を考えましょう。ただし、ロゴに特化したものは取り扱っている書店が多くはないため、確実に欲しい場合はオンラインショップを使った方が賢明です。

ちなみに、本格的に学びたくなったときは、デザインスクールに通うという方法もあります。講師の指導を直接受けられるため、より高度なデザインができるようになります。最近では、オンラインスクールもたくさんあるため、自宅にいながら気軽にデザインを学ぶことも可能です。

時間はかかりますが自作のロゴに満足できる仕上がりを望むときは利用を考えましょう。

⇒筆文字デザインのロゴ作成をするメリットとは

作ったものをプロにブラッシュアップしてもらうことも可能

無事にロゴができあがったとしても、安っぽかったり素人が作ったことが丸わかりだったりして満足できないこともあるでしょう。そのときは、プロのデザイナーに作ったロゴを託して、ブラッシュアップしてもらうことを考えてみましょう。

デザインに関する専門的な知識や技術を持つデザイナーなら、自作のものをしっかりと磨き上げて完璧なロゴにしてくれます。方向性をバッチリと伝えられるため、イメージを口で伝えて作ってもらうよりも満足できるでしょう。

もしも、デザイナーに仕事を依頼したいときは、ロゴの作成を行ったことがある方を選ばなければいけません。書籍の表紙に長けていたりポスター作りに自身があったり、デザイナーによって得意とするものは異なります。もちろん、ロゴを得意とする方も数多くいるので、その方を探して仕事を頼んだ方が納得できる可能性が高いでしょう。

デザイナーが何を得意とするのかは、ホームページなどに掲載されている過去の実績や作例をチェックすればすぐに把握できます。

頑張って理想のロゴを作り上げよう

グラフィックソフトを使ってロゴを作るのは簡単だとはいえません。しかし、自身の考えをすべて反映できるため、作業がうまくいけば完璧なロゴを作り上げることができるでしょう。もしも、作れるかどうか不安な場合は無料のグラフィックソフトの導入をおすすめします。

お金をかけずにロゴが作成できるため、とりあえずでもチャレンジしてみたい方にピッタリです。