釣り道具にロゴを付けて楽しもう!ロゴ作成ツールなら簡単にオリジナルロゴが作れる

ロゴ15

釣りがちょっとしたブームになっています。釣りをテーマにしたアニメや漫画も多いですよね。釣りと言えば、ルアーや竿などの釣り道具です。釣り好きな人は、道具選びにもこだわっているのではないでしょうか。そんな大切な釣り道具を、より魅力的なものにしてくれるのがオリジナルロゴです。

今回はオリジナルのロゴを作成する時に使える、便利なツールを紹介します。

オリジナルロゴを作ればさらに釣りが楽しくなる!

釣りが好きな人は、色々な釣り道具を持っていますよね。竿はもちろんルアーやリール、ケースなど釣りをする時には様々な道具が必要になります。そういった道具に、オリジナルのロゴを付けて楽しむのもおすすめです。普段使っている釣り道具のケースに、オリジナルのロゴを付ければ、あっという間に自分だけのアイテムを作ることができます。

中には友達とグループを作って、釣りを楽しんでいる人もいるかもしれません。そういう時にチームのロゴを作って共有すれば、釣りがもっと楽しくなるでしょう。

オリジナルのロゴを作る方法は?

オリジナルのロゴを作る方法は色々あります。パソコンに標準搭載されている、ペイント用のソフトを使って作ることも可能です。ソフト上で自分が好きな絵を描いたり、文字を入れたりすれば簡単にロゴを作成できます。しかし、すべてを自分でデザインするのは以外と大変です。

慣れている人ならよいですが、初めてだとなかなか良いデザインが作れなかったり、イメージ通りのデザインに仕上げられなかったりします。しかし、ロゴを作成する方法は他にもあるので安心してください。デザインが得意な人に、ロゴの作成をお願いしてみるのもよいかもしれません。

SNSやクラウドソーシングサービス上で、オリジナルロゴの作成を依頼することができます。プロのデザイナーが仕事を募集していることもあるので、本格的なロゴを作りたい人は依頼してみるのもよいでしょう。しかし、知らない人とやり取りしながら、仕事の依頼をするのは結構大変です。

報酬の交渉などもあるので、そういうやり取りが面倒な人は、ロゴ作成を行っている業者に依頼することをおすすめします。業者なら、簡単にロゴの作成を依頼できます。しかし、こちらも当然料金がかかります。ちょっとした趣味のために、高いお金を払ってロゴを作るのは嫌だという人もいるでしょう。

それなら、ロゴ作成ツールを使って自分で作ってしまうのが一番です。ペイントなどのソフトを使うと1から自分でデザインしなければなりませんが、ロゴ作成用のツールを使えば誰でも簡単にロゴを作れます。用意されているテンプレートや画像、テキストなどを使えるので、専門的な知識は必要ありません。

無料で利用できるツールも多いので、一度試しに使ってみてはいかがでしょうか。

⇒ロゴ作成を依頼する方法と注意点は?発注ポイントも解説

びっくりするほど簡単にロゴが作れる「LogoMaker」

LogoMakerは、文字を入力するだけで簡単にロゴを作成できるツールです。ブラウザ上のツールなので、ソフトをダウンロードしたりインストールしたりする手間もかかりません。基本的な作り方はテキストを入力するだけですが、フォントや色の変更などができるので、工夫次第で色々なデザインにできます。

無料で利用できるのもLogoMakerの魅力です。ロゴ作成ツールがどういうものなのか、試してみたいという人におすすめのツールです。

⇒グラフィックソフトを使ってロゴ作成をしよう

素材が豊富な「Canva」

ロゴ25

色々な素材を使ってロゴを作りたいという人におすすめなのがCanvaです。用意されている素材は、なんと100万点以上。これだけあれば、きっと自分のイメージに近い素材が見つかるでしょう。テンプレートが豊富なので、デザインが苦手な人でも手軽に高品質なロゴを作ることができます。

無料プランと有料プランが用意されていますが、無料プランだけでも十分な機能です。

パソコン以外でも簡単にロゴが作れる「Hatchful」

Hatchfulは、Shopifyが提供しているツールです。アプリが用意されているので、パソコンだけではなくスマホやタブレットでもロゴを作成できます。アプリとして使えるのは、パソコンがない人にとって嬉しいポイントですよね。

テンプレートは数百種類の中から選べるので、初心者でも使いやすいツールになっています。

分かりやすい操作性の「Fotor」

ツールを使うのが初めての人にもおすすめできるのがFotorです。操作性が分かりやすく、直感的に操作できるので初めての人も安心。画面に表示されているテンプレートや素材を選んでいくだけで、簡単にロゴが作れます。

利用するには、GoogleやFacebookなどのアカウントが必要になるので注意してください。

シンプルなロゴを作りたいなら「Squarespace」

凝ったデザインは必要なく、シンプルなテキストのロゴを作成したいという人におすすめなのがSquarespaceです。デザインの種類はそれほど多くないですが、テキストを入力するだけでロゴが作れます。アカウントを開設する必要がないというのも、初心者には嬉しいポイントです。

作成したロゴをステッカーにしよう!

ロゴを作成しても、そのままでは釣り道具に貼り付けることができません。ロゴを使って、自作のステッカーを作ってみましょう。ステッカー作りに必要なのは、ステッカー用紙とプリンターです。ステッカー用紙は100円ショップに売られているので、少しでもお金を節約したい人は100円ショップで購入するとよいでしょう。

しかし、ステッカー用紙にも色々な種類があります。品質を求めるなら、文具メーカーやネットショップなどで探してみてください。中には耐水仕様のステッカー用紙もあります。釣り道具は水辺で使うことが多いので、耐水仕様のものでなければすぐに剥がれてしまうかもしれません。

ステッカー用紙が用意できたら、ツールなどを使って作成したロゴをプリンターで用紙に印刷します。後は、ロゴの形通りに切り抜いて釣り道具に貼り付けるだけでOKです。切り抜く時は、定規とカッターを使うとよいでしょう。

ロゴの形によっては、ハサミだと綺麗に切り抜けないかもしれません。ステッカーを釣り道具に貼り付けた後、保護シートを貼っておくのもおすすめです。保護シートを貼っておけば、水やホコリ、汚れが付きにくくなります。

せっかく作った大切なステッカーなので、なるべく長持ちするように工夫しましょう。

オリジナルのロゴを作ってオシャレな釣り道具にしよう!

釣り好きな人にとって、釣り道具というのは大切なアイテムです。他の人とは違う、オリジナルの釣り道具があったら嬉しいと思っている人もいるのではないでしょうか。そういう時に役立つのがオリジナルロゴです。自分でロゴを作って道具に貼り付けるだけでも、一層愛着がわくでしょう。

今持っている釣り道具を、オリジナルロゴでオシャレなアイテムに変身させてみてはいかがでしょうか。